Home セラミックス商品

蕪島神社 再建支援事業のお知らせ

平成27年11月5日未明に青森県八戸市のウミネコ繁殖地、蕪島にある蕪嶋神社社殿から出火し全焼しました。  蕪島はウミネコの繁殖地として知られ、青森県内でも代表する観光スポットで1922年に国の天然記念物、2013年には三陸復興国立公園に指定されています。

約710年前に創建されて「福の神八戸弁財天」を祀られています。境内は17メートルの高台にあり、東日本大震災でも津波被害を免れて、震災復興のシンボルとして、三陸復興国立公園のタート地点となっています。さらに、蕪という文字の由来から株投資家から御利益があると云われ、多くの参拝者が来場するパワースポットであります。

このように八戸市民のみならず、多く方々の願いを叶え、神社を一刻も早く再建する為、八戸市出身で東北大学大学院教授堀切川一男氏と共同開発した、倒れても必ず起き上がる「ホッキーのジャンカップ」購入代金の一部を寄付する事業です。 どうか、ご支援宜しくお願い致します。 感謝します。

PB250007

 堀切川写真.jpg 

故郷八戸の象徴である蕪島神社の全焼の報に接し、市民の皆様と同様に心を痛めております。倒れてもこぼれにくく、必ず起き上がるネバーギブアップの精神を象徴した「ホッキーのジャンカップ」で、少しでも神社再建のお力になれれば幸いです。東北大学大学院工学研究科 教授 八戸特派大使 堀切川一男

PB240416

東日本大震災復興祈願商品「ホッキーのジャンカップ」

    ・・ホッキーのジャンカップはこんな商品です・・

1、倒れても必ず起き上がる、くるくる回る、どんな飲み物でもさらに美味しく。

2、売上金の10%を義援金として、購入者をブログ公開と寄付の際には氏名を記載致します。

3、これまで八戸市、仙台市と福島県、気仙沼市に義援金を贈りました。

4、ひとりひとりはわずかな力であるが、多くの皆さんの力を結集することで多大な力が湧き出ます。

PB240428

1個6,000円  2個セット11,000円 (税別) (運賃別) 

      お求めは 株式会社eウインテック  代表取締役 蛯沢勝男

http://www.ewintec.com/ 

039-2664 青森県上北郡東北町乙供63-236

TEL  0175-63-3885  /  FAX  0175-63-3878       

 

 

 

 

 

日本生命と合併して話題の三井生命の雑誌に東日本大震災復興祈願商品の

「ホッキージャンカップ」が紹介されました。

この商品は購入者氏名を添えて被災地に寄付をしています。

これまで、八戸市、仙台市、福島県、気仙沼市の義援金を送っております。

そして、購入者の写真を撮って弊社のブログにも掲載をしていただいています。

みんなで継続的に支援をしていきましょうということです。

これからもどうかよろしくお願いいたします。

P9150028 (2)

12011225_1008226005865616_5110914170630525183_n[1]

 

ワインが劇的に美味しくなるカップとパソコン作業の効率アップの

ノンドライを発送します。
一昨日、来訪して頂いた札幌市の泰伸データウェアハウス(株)に

ファインセラミックカップの「まろみ」10個と電磁波低減装置

「ノンドライ」5台中、取急ぎ2台を発送致します。
2つの商品でどんな変化が起きるか楽しみですね。

 

 

「アボカドオイル茶碗蒸し、ちょっとびっくり!」

素敵なお客様が港区西新橋の「現代青森料理とワインの店ボワヴェール」にいます。

そして、ファインセラミックカップ「まろみ」を愛用して調理を戴いている

川口シェフにはいつも感心しております。

11887937_10204499592841942_4924176623848432407_n[2]

11701170_10204499594801991_2380181536548261512_n[1]

 

20150818_152935_Burst04

手に持っているのは東日本大震災復興祈願商品の「ホッキーのジャンカップ」の製造工程を説明しています。

小生が右手に持っているのは原料、左手が40トンプレスした円柱、青いシャツは専任製造担当の鳥谷部さん、

旋盤加工した状態。3人目が後藤教授で持っているのが素焼きの状態です。

一番右が完成品㈱ユニセラ大久保常務 このファインセラミック商品はすべてはハンドメードで、完成する

までに3週間を要します。

後藤教授からカップ内側のヒッカカリ(波返し)がハンドメードでさらに、同じに作れる事を評価してもらいました。

ho-1

東北大学大学院堀切川一男教授が企画して、弊社と㈱ユニセラで商品化した、倒れても必ず起き上がる

「ホッキーのジャンカップ」は売上代金の10%を被災地支援を行っております。

平成24年は八戸市に112,365円 25年は仙台市に102,161円 26年は福島県に47,193円、27年は気仙沼市に

10万円。 この事業は購入者氏名、住所を添付して、被災地に義援金を送っております。

20150818_144543

青森県東北町「みどりの里」中村巧社長を視察見学の東大大学院後藤教授(左)

eでんきから機能性水を創り、さらに高機能性のハーブや無農薬ニンニク、トマトを栽培しています。

このハーブは冷蔵便ではなく普通宅配便で2日かかけて名古屋まで配達しても2週間は鮮度が落ちないと

絶賛されています。 後藤教授も現場で食して、この事実に驚いていました。

 

 

 

 

3172
KKY Japan代表 ユミコ. K大学農学部畜産学科卒。
国内の動物園で飼育技師として在職中に、1年間ケニアに留学。
カナダU of TでZoologyを学び
帰国後、外資系IT企業勤務その後、韓国のアップサイクル作家として第一人者であるダナ先生と運命的に出会い、ペーパーナプキンアートの指導を受ける。日本にも普及の為にアップサイクル作家としてDKKY Japanを設立。2014年4月に㈱eウインテック社とのコラボでセラミックカップにナプキンペーパーアートでデザインを施し、花器として韓国国際花博覧会に出展。
sakka1
c3
c2
c1