Home 訪問者の紹介

当社と共同開発した倒れても必ず起き上がる「ホッキーのジャンカップ」の東北大学大学院

堀切川一男教授が今度は大手製紙メーカーからの依頼でなめらか質感のあるテッシューを

商品化しました。肌触りはとってもいいので花粉症の時や風邪で鼻水が出た時には必需品です。

商品を見分けるためには裏側に「東北大学との共同研究」と表示されています。

1450394900083 PC180001 PC180003

 

20150818_152935_Burst04

手に持っているのは東日本大震災復興祈願商品の「ホッキーのジャンカップ」の製造工程を説明しています。

小生が右手に持っているのは原料、左手が40トンプレスした円柱、青いシャツは専任製造担当の鳥谷部さん、

旋盤加工した状態。3人目が後藤教授で持っているのが素焼きの状態です。

一番右が完成品㈱ユニセラ大久保常務 このファインセラミック商品はすべてはハンドメードで、完成する

までに3週間を要します。

後藤教授からカップ内側のヒッカカリ(波返し)がハンドメードでさらに、同じに作れる事を評価してもらいました。

ho-1

東北大学大学院堀切川一男教授が企画して、弊社と㈱ユニセラで商品化した、倒れても必ず起き上がる

「ホッキーのジャンカップ」は売上代金の10%を被災地支援を行っております。

平成24年は八戸市に112,365円 25年は仙台市に102,161円 26年は福島県に47,193円、27年は気仙沼市に

10万円。 この事業は購入者氏名、住所を添付して、被災地に義援金を送っております。

20150818_144543

青森県東北町「みどりの里」中村巧社長を視察見学の東大大学院後藤教授(左)

eでんきから機能性水を創り、さらに高機能性のハーブや無農薬ニンニク、トマトを栽培しています。

このハーブは冷蔵便ではなく普通宅配便で2日かかけて名古屋まで配達しても2週間は鮮度が落ちないと

絶賛されています。 後藤教授も現場で食して、この事実に驚いていました。